在宅業務はテレワーク

働き方改革でテレワークを活用しよう!

最近話題のテレワークという働き方

在宅しながら仕事が出来るのが特徴

最近話題になっている。
テレワーク。
これは、会社に出勤せずに自宅やサテライトオフィスなど、本来の仕事場以外の場所で仕事をすることをさします。
テレワークは、略称でありテレコミューティングとも言います。
このテレワークも三つに分類され、自宅にいて会社とはパソコン、インターネット、電話、ファックで連絡をとる働き方の在宅勤務があります。
顧客先や移動中に、パソコンと携帯電話を使う働き方のモバイルワーク、勤務先以外の場所で働くサテライトオフィス勤務があります。

時間の有効活用が出来る働き方です

何故、このような働き方が出てきたかといいますと、やはり時間の有効活用です。
自宅から会社まで通勤する時間を勤務時間に割り当ててしまえば、効率よく仕事をすることができますし、社員にとりましても満員の通勤電車で毎日通勤ではストレスが溜まってしまいます。
それであれば、在宅して仕事をしたほうがストレスがたまることなく効率よく仕事をすることができます。
そして、仕事と育児に追われている女性であれば、この両方を両立する事が出来ますので、効率よい働き方であるといえます。
この在宅勤務は、働く側にとりましてはメリットが多いです。

会社側にも少なからずメリットがあります

テレワークは、会社側にもメリットがあります。
まず、経費削減が出来る事です。
会社に社員を毎日出社させてしまえば、交通費支給で莫大な出費がかかってしまいます。
しかし、テレワーク導入で出社日を週一回などにすれば、社員へ支給する交通費を大幅に減らすことができます。
そして、電気代も出社している社員が減りますので無駄な電気を使う事が少なくなりますので、電気代が減ります。
さらに、オフィスをコンパクト化にもつながれば入居しているビルのテナントも小さいものに変更する事も出来ますので、賃貸料も減らすことができます。
会社側にとりましても、経費削減につながりますのでメリットがあります。
テレワーク導入で、在宅の仕事だからサボっているのではないかという疑問の目が向けられる感じがありますが、実際はそうではありません。
在宅しているからサボっていると思われたくないために、むしろ仕事に力を入れている人が多いのも事実です。
要は、当人の仕事への意欲が仕事効率アップに反映されます。
会社に出社すれば周りの目が気になり仕事がはかどらない人であれば、テレワークであれば誰の目も気になりませんので、仕事がはかどるという人も中にはいます。
新しい働き方として注目されているテレワークですが、今後も増えそうです。

人気記事ランキング